憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

明智光秀 の真実 13

ノンカテゴリ

明智光秀 の真実 13
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

光秀サロンの一人、里村紹巴は戦国時代の連歌師として第一級の人物でした。そもそも連歌の発祥は「古事記」の中で倭建命(やまとたけるのみこと)と御火焼翁(みひたきのおきな)が現在の山梨県甲府市酒折にある神社、酒折宮(さかおりみや・さかおりのみや)において筑波山を互いに読んだのが始まりとされて居て、それ故連歌の別名が「筑波(つくば)の道」と成ったそうです。

連歌の元は皇室に直結して居たのですね。連歌師の里村紹巴も皇室を敬う事は人一倍で有った事でしょう。その紹巴が信長の増上慢を嫌悪して居たとしても不思議では有りません。「本能寺の変」直前に山城国愛宕山五坊の一つである威徳院で挙行された「愛宕百韻」にも弟子の里村昌叱、猪苗代兼如、里村心前、宥源等と共に参加して居て、光秀の決断をハッキリと認識したと思われます。此の時里村紹巴は秀吉を慰問して戻ったばかりでした。因みに黒田官兵衛とも昵懇の間柄でした。

「ときは今 あめが下知る 五月哉」余りにも有名な光秀の発句で始まった「愛宕百韻」、此の発句に隠された光秀の決意を座に居合わせた人達は即座に悟った事でしょう。続けて威徳院住職、西之坊行祐が「水上まさる 庭の夏山」、更に紹巴が「花落つる池の流れをせきとめて」そして翌日、紹巴が「国々は猶、長閑なるとき」と挙句を詠んで「愛宕百韻」が完成し此れを神前に収めました。

これ等四つの句だけでも光秀サロンの醸し出す雰囲気が見て取れるのですね。
詰まり信長の朝廷に対する不敬、悪口雑言、増上慢に我慢出来ず、大和の国が壊れない事を切に望んで居ると思うのです。

続く~

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
1
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

カテゴリー

月別アーカイブ

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう