今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

明智光秀 の真実 5

ノンカテゴリ

明智光秀 の真実 5
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

明智光秀が「信長討つべし」と決心した時期と理由は、天正元年(1573)に信長が将軍足利義明を追放した後、詰まり本来天皇の近衛府である幕府が消滅した後、信長が一向に織田幕府を立ち上げる気配がないどころか、朝廷に対して不遜な態度を取り続けた辺りから次第に膨らんできたと思われます。

幕府が無いのは天皇が裸同然の存在と言う事で、真に無政府状態だった訳なのです。決定的だったのは年号を元亀から天正への改元を朝廷に迫った事でした。年号改元は天皇の専守事項であり、この事は信長が自身の朝廷を導く立場を宣言したと光秀は思ったに違いありません。有職故実に明るく、国体を重んじる光秀にとっては、許し難い越権行為と写ったに違い有りません。

織田信長は自身の幕府を開く意思も無いのに朝廷に対しての命令とも取れる要請を何度も繰り返していてる事態に、光秀は「此の儘では国体が破壊の危機に瀕する」と思った事でしょう。

自身の幕府を開く意思が無いと言う事は、信長自身が天皇を超える存在に成る事を目指して居ると解釈するべきですよね。光秀には此の事が我慢出来ない事だったのです。此れが本能寺の変に繋がって行ったのですね。元はと云えば大和の国を想う光秀の愛国心から起きた事だったのです。

巷では光秀の天下取りの欲望説が歴史家や小説作家に依って流布されて居ますが、そんな事を光秀は露とも思って居なかったでしょう。天下取りが目的ならば、光秀程の軍略に長けた人間が事前に何の根回しもして居ないのは理解出来ない処ですよね。

続く~

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

カテゴリー

月別アーカイブ

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう