藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

明智光秀 の真実 10

ノンカテゴリ

明智光秀 の真実 10
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

天正10年6月2日(1582年6月21日)、本能寺へ突入した光秀軍の兵士達は其の時まで、討つ相手をてっきり徳川家康と思って居た事実が有ります。そう思い込むのも無理の無い事で、織田信長が家康を亡き者にしようと考えて居たのを周囲は良く知って居ましたからね。兵士達に動揺が起こります。「此れは主殺し、謀反ではないか!」
其の事を知った光秀は「天下人直前で在った信長公を討った今、自分が天下人であり、あなた方には充分な報酬を与える」と云って人心の動揺を抑えたと思われます。其の事も光秀が安土城から信長の莫大な資産を奪ってしまった理由の一つでしょうね。この所業が如何も光秀らしからぬと不思議だったのですが、これで納得出来て来ました。光秀が敬う朝廷に対して莫大な金銀を献上する為だけでは無かったのです。

一方で堺の町をノンビリ見学していた徳川家康には光秀の催した愛宕百韻でその心中を知った連歌師の里村紹巴(1525年 - 1602年)から情報が入って居り、慌てた振りをして三河の居城へと向かったのでした。途中で落ち武者狩りに遭遇しましたが屈強な34名の武将と伊賀忍者に守られていて、金品も少しは与えた様ですが無事に帰城する事が出来ました。家康に同行していた穴山信君【穴山梅雪、天文10年(1541年)~天正10年6月2日(1582年6月21日)】は武田家再興の望みを強く持ち乍らも、痔の悪化に依って騎乗出来ず、徒歩で甲斐を目指しましたが遅れた為に、落ち武者狩りの暴徒に再三襲われ、哀れな最期を迎える事に成ったのです。

徳川家康は信長の魔手から自分を救って呉れたのが光秀で在ると気が付いて居ました。安土城での饗応計画は家康を毒殺しようとの企みであった事を、例の腐った魚事件での信長の光秀に対する常軌を逸した激怒に、感の鋭い家康は気が付いて居たでしょう。

続く~

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
1
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

カテゴリー

月別アーカイブ

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!