稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

明智光秀 の真実 11

ノンカテゴリ

明智光秀 の真実 11
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

本能寺事件の有った6月2日深夜、秀吉陣営である播磨三木城の前野将右衛門に最初の情報がもたらされました。情報は細川藤孝が発信したものでした。
前野将右衛門は事実を確認すると、6月6日赤穂岬に到着していた秀吉の下問に答え「光秀が此の度信長公父子を討ち取ったのは、信長が己の武威を誇り、神社仏閣を破壊すること限りなく、驕慢にして朝廷の迷惑を顧みず、みだりに諸国を奪い取り神仏をも憚れざるの所業があったからである。これからは信長に代わり政道を糾し人心を安んずるであろう」と報告して居ます。

前野将右衛門は本能寺事件の本質を細川藤孝を通じて知って居たのだと思います。9日、秀吉の処へ藤孝、忠興父子から誓詞が届けられています。この時点では未だ秀吉軍に利が有るとハッキリしていた訳でもないのに、面妖な事ですね。

前野将右衛門の此の認識は当時の各武将が共有していたものでは無かったのか?
此れを覆す事が出来るのは誰か? ここに朝廷の思惑が見て取れます。朝廷は恐らく「秀吉与し易し」と判断して居たのでしょう。朝廷と親密な関係に在った細川父子が盟友を見捨てた理由が此処に有りそうです。

当時の朝廷が情報戦で各有力武将の人間的資質を知らなかった筈が有りません。朝廷にとって一番危険だったのは織田信長でした。その根拠は既に記述しました。其処で朝廷が光秀を外して秀吉を選んだのは何故か?その裏に何が有ったのか?意外な事実が有りました。

続く~

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

カテゴリー

月別アーカイブ

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!