旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

明智光秀 の真実 4

ノンカテゴリ

明智光秀 の真実 4
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

前回では織田信長の悪行の一つである比叡山焼き討ち事件を軽く取り上げました。今回はもう少し焼き討ち事件の内容に突っ込みますよ。織田信長と比叡山が敵対する様になった原因は、信長が比叡山の土地を横領した事に始まりました。

永禄12年(1569年)、第165世天台座主応胤法親王の陳情を受けた朝廷は、寺領回復を求める綸旨を下したのですが、信長は此れを拒否し、比叡山に立てこもった浅井長政・朝倉義景連合軍と攻防戦に成りました。此れを(志賀の陣)と云って、正親町天皇(おおぎまちてんのう)が両者の和睦を調停した結果、講和が成り、一旦事は収まりはしましたが面妖な事に比叡山側は信長の寺領返還を拒絶して、尚も浅井長政・朝倉義景連合軍に対して便宜を計ったのです。

戦略上の非常に重要な地域である比叡山が自分に組しないとなると、ここを解体して無力化しなければならないと信長は思ったに違い有りません。其処までは良いとしても、山上に逃れ隠れていた女、子供までの首を切り落とすとは、最早常軌を逸した到底許せぬ残虐行為と云わねばなりません。

比叡山焼き討ちを決心した信長は、後顧の憂いを無くす為、直前まで浅井・朝倉勢攻撃で地形を利用した作戦に出ました。即ち攻撃と退却を繰り返すと地形の険しい浅井・朝倉勢の兵の方が疲労する度合いが遥かに大きいとして執拗に攻撃と退却を繰り返しています。

狙い通り浅井・朝倉勢の疲弊は甚だしく、遂には小谷城から出る事が出来なくなってしまいました。此処に来て後ろからの挟み撃ちの心配が無くなり、比叡山を焼打つのですが、流石に光秀は「比叡山は王城の鬼門を守る鎮護国家の道場、そして桓武天皇に依って建てられて以来、歴代天皇の崇敬熱く各武将も此れを重んじている事、右大臣頼朝も足利尊氏もその命令に服従しなかった人々を其の儘に見逃して居た事」などを進言して諫め様としましたが、信長は「志は天下布武であり、叡山を焼くは仏教徒への戒めである」として聞く耳を持たなかったのです。

他の有力諸将も同様に信長への諌止を試みるも「宗律を犯し、妾を蓄え、乱暴狼藉を働く国賊に王城の鎮護を任し得ず」と一蹴され、仕方なく命に服する事に成ったのです。

元亀2年(1571年)9月12日、遂に織田信長は全軍に総攻撃を命じました。
連歌師・里村紹巴、神道家・吉田兼見、武将茶人・細川藤考(幽斎)等、当代一流の文化人、教養人と深い交流の或る光秀の心中を察する事は難しくは有りませんね。しかし乍らこの時には未だ光秀、「信長討つべし」とは心に秘めては居なかったのです。

続く~

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
1
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

カテゴリー

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法