今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

加藤清正 の真実 (6)

ノンカテゴリ

 加藤清正 の真実 (6)
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

出典 http://tanken.com

秀吉の朝鮮出兵

朝鮮出兵の前年、天正19年(1591年)に秀吉はポルトガル領インド副王に宛てスペイン国王の来日を要求し、更にスペイン領フィリピン諸島(小琉球)に朝貢と服属を要求して居ました。この事は、如何に秀吉がスペインの脅威を肌で感じていたかを推測出来るものです。繰り返しますが、もしも隣の明国がスペインに征服され、その植民地支配が及ぶ様な事態になったら秀吉では無くても、スペイン製元寇の出現を想起するのが政治家として当然の事と思います。余談ですが外国から日本が攻められた事件は元寇のみでは無いことを知って置きましょう。

この年、関白の位を豊臣秀次に譲り、太閤となった秀吉は8月に成ると明征服と朝鮮服属を全国に宣言し、
その出兵拠点を肥前国松浦郡名護屋(現在の佐賀県唐津市(旧東松浦郡鎮西町・呼子町)、東松浦郡玄海町)に定め九州の諸大名に築城を命じました。清正も当然これに参加しましたが、新参大名の清正には新しく召抱えた家臣が多く、戦闘や統治の力量が未知数な面が有ったので不安を抱えながらの出兵準備だったと思われます。

翌文禄元年(1592年)の3月、秀吉はいよいよ明征服と朝鮮服属の為、16万の大軍を朝鮮へ出兵しました。総大将は後に豊臣家5大老の一人に任じられる宇喜多秀家、先鋒一番隊は小西行長、二番隊を加藤清正が夫々主将を務めました。
4月17日の釜山上陸後は行長と首都漢城の攻略を競って5月3日南大門から漢城に入城しまた。漢城攻略後は一番隊や黒田長政の三番隊と共に北上し臨津江の戦いで金命元等の朝鮮軍を破っています。その後黄海道金郊駅からは一番隊、三番隊とは別れ進路を取り、東北方面の咸鏡道に向かっています。海汀倉の戦いに於いて韓克誠の朝鮮軍を破り、咸鏡道を平定した際、現地人に依って拉致されていた朝鮮二王子(臨海君・順和君)を捕虜にしています。後にこの二人は講和の条件として釈放されています。

実は清正の一番隊が他の隊と別の進路を進んだ事で小西行長や石田三成とその後不仲になる事件が起きたのです。
一番隊と三番隊は明国軍が加わった朝鮮軍の反撃に逢い、進軍が止まってしまいましたが、別路を進軍していた清正の二番隊は敵の障害も少なく順調に進軍して居ました。
この事に日本本国に居る石田三成が「虚偽の戦果報告を清正がしているのではないか?」と疑惑を持つ様になったのです。

続く~

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
1
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

カテゴリー

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法